小学校教員にょんの日々ログ

毎日の出来事や考え、思ったことなどとにかくアウトプット!

サイズ感 23

職場では、今各クラスでフェスティバルに向けて店作りが進んでいる。

フェスティバルとは、児童会が主催する行事で、

簡単に言えば、文化祭的なイベントである。

3~6年生が、各クラスで店を作り、店番をしたり、

お客さんになって、他の店に遊びに行ったり。

そんな感じの割とみんな楽しみにしてる行事である。

 

うちのクラスでも、もちろん店づくりを進めている。

綿密に計画を立てていたので、

先日、具体的な店の仕掛けづくりにようやく入ったところだ。

 

店づくりの材料は、基本的に自分たちで集めてくる。

布、発泡スチロール、ひも、木材…

そして、段ボール。

 

ある日の放課後、クラスのAくんが相談にやってきた。

 

A「先生、家から段ボール持ってきたいんですけど…」

私「うん、いいよ。持っておいで。」

A「うん、でも、その段ボールがすごく大きくて…。どうやって持ってきたら、いいのか。」

私「そんな大きいの?」

A「うん。」

私「放課後にさ、友だち誘って一緒に運んでくるのは?」

A「うーん、たぶん無理だと思う。」

私「(これは相当でかいな。)そっかー。

 

 …じゃあ、朝、家に取りにいったげよか?」

 

A「うん!先生ありがとう!」

 

約束をして、A君はほっとした顔で家に帰った。

 

Aくんを帰した後、お母さんに電話を入れた。

 

私「あ、こんにちは。担任のにょんです。」

A母「あ、先生。いつもお世話になってます。」

私「こちらこそ。今日ね、さっきAくんにフェスティバルで使う段ボールを学校に持っていきたいけど、大きすぎて、どうやって持っていけばいいか…って相談受けまして。」

A母「はい。あ、本人言ってました。」

私「で、明日の朝にでも、おうちにお伺いして、その段ボールだけ運ばせてもらおうかなって思ってるんです。」

A母「ええ!?そうなんですか?わざわざすいません。」

私「いえ。でもかなり大きいみたいですね?」

A母「そうですね。Aくんだとちょっと持っていくのは無理かなあ。先生なら何とか持って行けるとは思います。」

私「そうなんですね。わかりました。そしたら、明日の朝、お伺いさせてもらいます。」

A母「すいません、ありがとうございます。」

 

翌朝、Aくんの家に向かった。

少し待っていると、Aくんが出てきた。

私「おはよう。」

A「おはよう。あっ、段ボール!」

 

私の顔を見て思い出したように、家の中に戻っていく。

閉まりかけたドアの隙間からA君の声が聞こえてくる。

 

A「お母さん、先生来てくれたよ!ねえ、段ボール!」

 

私は頭の中で、段ボールを想像した。

きっとこれぐらいなんじゃないだろうか。

 

f:id:yamanyo:20190117232319p:plain

脳内イメージ図

だから、原付で来ず、徒歩にした。

朝からいい運動だ。

少しすると、ガサガサと音がして、お母さんが現れた。

右手には、赤ちゃんを抱っこしている。

 

ん?赤ちゃん?段ボールは?

 

左手を見ると、そこには、例の段ボールがあった。

 

私は、絶句した。

 

A母「おはようございます。先生すいません、こんな朝早くから。」

私「…おはようございます。…いえいえ、とんでもない…。」

A母「じゃあ、すいません、よろしくお願いします。」

私「分かりました…。」

 

半ば呆然としたまま、Aくんより一足先に学校へと、

もと来た道を帰った。

 

こんな感じで。

 

 

 

f:id:yamanyo:20190117232802p:plain

 

サイズ!!

 

ちょっと大きめのトートバックか!!

 

小脇に挟めてしまえるやないか!!

 

 

朝から、猛烈に心の中でツッコみました。

妄想。 22

スマホの写真フォルダを整理していると、

記憶にない自分のスマホのロック画面のスクショが一枚出てきた。

 

f:id:yamanyo:20190115214158p:plain

保存されていたスクショ

奥さんからのLINEのメッセージが表示されていました。

よく見てると、この画面をスクショした当時の自分の意図が読めてきました。

 

二文目の不思議さたるや…。

 

ええ大人なんで言わんとすることはわかります。

 

「帰りに何か『デザート』買って帰ろうか?」

 

間違いありません。

奥さんの私に対する優しさあふれる文面です。

泣けてきます。(嘘くさい)

 

しかし、この文面だと事態は一変します。

 

「帰りに何かでZARD買って帰ろうか??」

 

いや、俺どんだけZARDファン!?

疲れを癒すのはやっぱZARDでしょ的な。

「負けないで、もう少し 最後まで走り抜けて」

いや、走り抜けて疲れとんねん。

そして、このZARDに漂う、

そこはかとなく消耗する日用品感。

 

奥さん「あれ?こないだZARDって買ってたっけ?」

私「いや、買ってなかった。今のでZARD最後やわ。」

奥さん「そっかー。わかった。じゃあ、今日ZARD2つぐらい買って帰るわ。」

 

的な。

 

しかも、「何かで」買って帰るZARD

なんだか怖い。

TSUTAYAでええやん。

ぼかさんといてほしい。

 

…などという妄想が止まらないから、

誤字脱字は可能な限り回避の方向で一つよろしくお願いします。

黒糖と我慢。 21

突然ですが、あめちゃん(俗にいうキャンディー)って最後までなめますか?

っていう、この突然の質問がすでに別の意味でなめた感じあってすいません。

私は、どうしても途中で噛んでしまう派です。(どうでもいい)

んー、「派」って言うと、何か自分の意志で選んでる感が出てしまうなあ。

どうしても途中で噛んでしまう「側」の人間です。(ほんまにどうでもいい)

 

先日、夕食前に、仕事で必要なものがあり、近くの百均に行きました。

百均に着くと、必要なものだけサッと手に取り、レジへ向かいました。

すると、横で奥さん。

 

「お腹減ってきたなあ。」

 

確かに。もうすぐ7時やし。腹ペコやわ。

レジ前には、色とりどりのお菓子の陳列。そして、ドリンク棚。

ああ、誘惑してきおる。

あかんで、あかんで。我慢、我慢。

 

―気付いたら、お菓子の陳列棚へ自然と足が向かっていました。

 

でも、当然炭水化物抜きダイエット中の身です。

どれも食べられるわけもなく。

 

しかし、奥さん、「これは、あかんの?」と手に取ったのが、

黒糖でした。

 

原材料を見ると、さとうきび

 

のみ!!

 

しかし、そうは言っても「糖」は「糖」。

やはりだめなのか…。

ダメもとで「黒糖 ダイエット」で検索すると、

意外と食べてもよさそうな感じ。

あくまで少量ですが。

 

とういうわけで、購入!!(本気はどこへ行った。)

 

お会計を済ませ、車に乗り込んだら、早速黒糖を一つパクリ。

 

おいしいぃぃぃぃぃぃ!!

 

しばらく甘みのもとを絶っていたので、まあおいしいおいしい。

この黒糖一つでご飯何杯でもいけるわ。(ほぼ、ごはんですよ。)

 

その中毒性の高い甘みの虜になり、

上の歯と下の歯で、黒糖をかみ砕こうと…

 

あかん、あかん!!我慢!我慢や!!

ここでかみ砕いてしまったら、また、次が欲しくなる。

そうなったら、もう後戻りできへん!!

次から次へパクパク食べてしまう!

だから、我慢するんや!!

なめなさい!!

なめて少しずつ少しずつ、そのほんのりとした甘みを楽しむのです!

 

そう、自分に言い聞かせて、家にたどり着くまでの20分、

ひたすら黒糖をかむのを我慢することに。

 

しかし、元来が噛んでしまう側の人間です。

これが思っているよりつらい。

ちょっと気を抜くと、噛んで粉にして、

口に広がる甘みを楽しもうとしよる。

噛みたい。

いや、噛むな。

噛みたい。

いや、我慢しろ。

噛みたい。

いい加減にしろ。ダイエットなめてんのか。(表現がややこい)

 

噛みたい誘惑に抗い続け、何とか家に到着。

でも、そのころには、もう口の中の黒糖は、

少しの衝撃で、一瞬にして粉々に砕け散ってしまうほど、

脆くなっていました。

すれっすれ固体。

 

そこで、あとほんの少し我慢すればよかったのに、

好奇心がむくむくと湧き上がってきて、

舌で黒糖をそっと上の歯の裏側に押し付けてみました。

 

はらっ。

 

あまぁぁぁぁぁぁい!!

 

めっちゃおいしい!

ひゃーっ!!

 

 

 

気付いたら、5個ぐらい食べてました。

 

あかーん!!

今度から、一個ずつ個装になった黒糖探します。(いや、食べるな。)

ヌカヨロコビ! 20

炭水化物ダイエットを始めて10日ほど過ぎた。

今のところ、奥さんも私に見せたことのないような本気を出している。

能ある鷹は爪を隠すということか。

 

先日、ふと気づいた。

 

「そういえば、体重測ってないやん。」

 

世には、レコーディングダイエットなるものもあるぐらいなのに。

それだけ、「記録を取る」ということは大事なのだ。

というわけで、

善は急げ、思い立ったが吉日、豚に真珠(それは違う)、

早速、全裸で体重計に乗った。

 

期待なんて特にしていなかった。

長い目で、じっくり焦らずやっていけばいいのだ。

一喜一憂は必要ない。

そう言い聞かせて、デジタル表示を見る。

 

な…!!な…!!な…!!

 

2kg減ってる!!

 

や…やったぁぁぁぁぁ!!!!

きてる!きてるよ、自分!!(それ一喜ちゃうの。)

 

でも気持ちにうそはつけない。

素直にうれしかった。

 

これがレコーディングの威力か。

たしかにモチベーションが上がった。

 

そうして、それから数日。

これまでと変わらず、炭水化物抜きの生活を送った。

昼ごはんには、サラダ・春雨・スープ(もう春雨スープで良くない?)など。

 

そして、今日、数日ぶりにレコーディングに挑んだ。

全裸で体重計に乗る。

おっと、腕時計を付けたままだった。(変わらんわ)

電源ON。

 

体重計のデジタル表示を見る。

 

 

 

2kg増。

 

 

 

 

 

何でやねん!!

 

何があかんねん!!

サラダか?!サラダのチキンか!?

春雨か?!春雨の質か!?

スープか!?スープの…なんや…温度か!?(ないって)

心がかき乱された。(いや、むちゃくちゃ一喜一憂してるやん)

 

ふぅー。

落ち着け。

大丈夫、長いスパンで見たら、この増減なんて、ほぼ横ばい。

フラット。きわめてフラット。

 

 

 

というわけで、明日からも腐らず、コツコツがんばります。

 

「続ければ本物になる」

「本物は続く」

 

よしっ!

尾行の結末 19

昨年の10月ごろからだろうか。

休み時間になると、クラスの4人の女子に尾行されるということが続いた。

どこへ行ってもついてくる。

それもこっそり。

まあ、バレバレなのだが 笑

気になってふり返ると、ササっと物陰に隠れる。

私がまた前を向くと、ついてくる。

「だるまさんが転んだ」状態。

職員室で仕事をしていても、

少し開いたドアの隙間からこちらの様子をじーっとうかがっている。

 

気になってしゃあない。

 

だから、何度か逆にそちらへ出向いた。

すると、逃げる。

追いかける。

逃げる。

追いかける。

逃げる。

追いかけるのをやめる。

ついてくる。

 

んー。

 

そんなことが2学期中続いた。

何が楽しいのかはわからない。

けど、ちょこちょこ

「なぁにぃいいいい……?」

とかゆうて、バイオハザード風に(そんなんちゃうわ)追いかけると、

「キャーッ!」とか悲鳴を上げながら笑って逃げていくから、

私は私で、それを楽しんでたりした。

 

そして、年は明けて、3学期。

2学期にあったそんなやり取りもすっかり頭から消えていた。

 

給食も始まって、3学期初めての昼休み。

教室でギターを弾いていると、

2学期私を尾行していた4人のうちの1人が折り紙を渡してきた。

見ると、裏に暗号のようなものが書いてあった。

解読を試みるも、情報があまりに少なすぎて、わからなかった。

いや、そもそも暗号として成立していたのかもわからない。

子どもたちの作る暗号には、往々にしてそういうことがある。

暗号解読を試みながら、ギターを弾いて、子どもたちにちょっかいをかけられしていると、掃除時間になった。

暗号のこともすっかり忘れて、掃除に没頭していると、

教室の後ろに置いてあるカゴの下から変なものが見つかった。

 

「にょんを、ちょうさせよ!」

 

と書かれた報告書。(呼び捨てかい)

表紙には他に、ご丁寧に報告者の氏名が記されていた。

2学期に私を尾行していた女子4人だった。

 

「なるほど。これを書くために尾行してたってわけね。」

 

そして、どうやらお昼休みの暗号は、

この報告書の隠し場所を示したものだったようだ。

答えから逆算すると、暗号と合致した。

この日は、ちょうど5時間目が空き時間だったので、

職員室に戻って、報告書を読んだ。

以下、いくつかその報告書の中から抜粋して紹介する。

(報告書は折り紙全25ページで、なかなかの分厚さ)

 

10月某日 昼休み

にょんをよく知ろう。①

①給食を運び終わったら、まずトイレに行った。

②給食を運ぶのを手伝った?

③教室に帰った。

④見つかった…

わかったこと「にょん先生は2回給食を運んでいる。にょん先生はよくうろちょろする。(むずかしい)」

 

10月某日

にょんをよく知ろう。⑥

①職員室

②印刷室

③追いかけられる。

④印刷室

(みんなに「にょんT」と呼ばれている)

ふりかえり

・今日は何回も職員室に行っていた。(もうバレバレだ‼)

・今日は何回か追いかけられた。

・印刷は学級通信だったか、今日は学級通信2枚しかない‼

 

11月某日

にょんをよく知ろう。㉔

①「つまんない」って言った。

②少し追いかけられた。

③「もうゆるさん」と言った。

ふりかえり

・前よりは面白くなった。

・面白くない。

・まだ面白くない。

・もっと追いかけてほしい。

※このふりかえりには、それぞれの名前も書かれていて、

 一言ずつふりかえっているようだ。

 

 

 

いや、おもろすぎるやろ。

何なの、あなたたち。

最高か 笑

 

もっとシリーズとして続けてほしい思い半分、

でも、そうなるとずっと尾行が続くのかあと億劫な気持ちが半分。

 

現在、尾行は止まっている。

もう、ブームが去ったのかもしれない。

彼女たちにとって、尾行していた私は「過去」

それでいい。

それがいい。

どんどん前に進んでいっておくれ。

人生を面白がっておくれ。

その柔らかな頭で。

素直な心で。

積み重ねる 18

ここ数年、色々なビジネス書を読むようになった。

以前は、小説にしか興味がなかった。

が、ある時、

教員という仕事に生かせる何かがあるのでは、と読み始めたのがきっかけだ。

以来、習慣としてあれこれ読むようになった。

ある程度読むと、共通点に気付く。

いきなり仕事ができるようになったり、

革新的なアイデアが思い浮かんでそれを実現させたり、

年収が何倍にもなったり、

すぐにそんな変化が訪れるような錬金術など、この世には存在しない。

あるのは、

 

ひたすらに「積み重ねる」ことだ。

 

イチローは言う。

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへたどり着く唯一の道だ。」

 

ドラマ「3年A組~今から皆さんは、人質です~」で菅田将暉演じる柊先生は言う。

「昨日までのお前たちが、今のお前たちを作るんだよ。」

 

前田裕二は、毎日圧倒的なメモを積み重ね、そこから着想を得て、

SHOWROOMを立ち上げた。

 

全部「積み重ね」だ。

一つ一つは、1にも満たない小さなことかもしれないが、

それが積み重なって、10になり、

またそれが積み重なって100や1000になる。

 

うちの車だって、今総走行距離が60500㎞で、地球一周を優に超えている。

それだって、積み重ねだ。

車買いたての時、1000㎞とかで、「おおっ!」ってなってたけど、

あっちこっち出かけて、をコツコツ積み重ねた結果、

60000㎞なんていう、

立ち止まって考えたら「すごいな」って距離を表示してる。

 

そして、この「積み重ねる」ってことに関しては、

けっこうみんなその大切さがわかっているような雰囲気がある。

でも「分かってる」のと「やっている」との間には、天と地ほどの差がある。

これ、このブログの最初の方の記事でも書いた。

 

だから自分の目標に向かって、それ一つ一つは取るに足らなくても、

腐らず、焦らず、一歩一歩。

謙虚に、誠実に、一生懸命。

そうやってやっていくしかない。

結果はすぐには出ない。

そう、前回の記事でふれたあいみょんのツイートともつながる。

楽じゃないんだ、積み重ねるって。

でも、その積み重ねの先にしかないものがある。

みんな口をそろえて言っている。

 

だから積み重ねよう。

インプットも、アウトプットも。

 

全ては自分の在り方次第。

 

 

あいみょん 17

あいみょんが大好きだ。

「生きていたんだよな」を聞いて、

「何じゃこりゃあ!めちゃくちゃかっこいいやんけー!」

とえらく感動し、そこから他の曲も順に聞き漁っていった。

気付けば、ファンクラブ「AIM」に入会。

先日、11月末にあったZepp Nambaでのハニベビツアーにも行ってきた。

 

あいみょんの現在の活躍ぶりは、私なんかが言うに及ばず、

とうとう紅白にまで出ちゃって、2月には初の武道館公演が控えている。

 

あいみょんの魅力が楽曲にあるのはもちろんだが、

彼女の人柄がすごく等身大で飾らないのがとても好きだ。

彼女のツイートなんかもちょくちょく追いかけているのだが、

先日のツイートがすごく刺さった。

家でワインを飲みながら、そのツイートを目にし、

興奮気味に奥さんに話して、軽くいなされた。

 

f:id:yamanyo:20190114071423j:plain

当該のあいみょんのツイート

 このツイートの後半がすごく刺さった。

 

「楽しいって、楽じゃないから、面白いなぁ、」

 

そう、ほんまそう。

「楽しい」と「楽」とは別物だ。

たまに、二つが合致することもあるかもしれないけど、

その「楽しさ」はその場限りのもので長続きしない。

「楽」って、手軽なイメージやけど、同時に、飽きやすいことの裏返しでもある。

 

「楽しむために、楽しない、全身で向き合うのだーー、」

 

「楽」をしてばかりいると、本当の楽しさには出会えない。

本当の楽しさは、全身で向き合った先にしかない。

全身で向き合うことには、苦痛も伴うし、不安や焦りなんかも付きまとう。

それでも、その先を見据えて、一つ一つクリアしていく。

だからたどり着いた時の楽しさというのは、何物にも代えがたく、

その体験が、人をまた次の楽しさに向かわせる。

 

ああ、子どもたちにも、この本質を伝え、

その成長をサポートできる教師でありたいと思った。

この感覚が身につけば、きっと人生はもっと色鮮やかになる。

さて、そのための具体的方策は何か。

これからも考え、実践し続けていこう。

そのこと自体も、きっと私の「楽しさ」へつながっていくんだと思う。