小学校教員にょんの日々ログ

毎日の出来事や考え、思ったことなどとにかくアウトプット!

「解決」にばかり目が向くとこぼれてしまうもの。 251

先週から始まった分散登校。

子どもたちに会えた2日間は、たった2時間だったとはいえ、とても幸せな時間だった。

ただ、一つだけ関わり方で後悔していることがある。

そのことについてきちんと書き残しておいた方がいいと自分の直感が告げているので、その直感に従おうと思う。

 

それは、分散登校2日目。

「ふり返りジャーナル」の説明をして、書き始めた時だった。

ある男の子が少しおびえたような顔をして、ぼくのところにノートを持ってきた。

「先生、名前の漢字まちがっちゃって…。」

そこには、へんとつくりが左右入れ替わってしまったその子の名字の一文字がネームペンで表紙に書かれてあった。

それを見たぼくはすぐに笑顔で、

「そっかそっか、大丈夫やで。この予備のノートがあるから、取り換えようか?」

と聞いた。

男の子は、ほっとしたような顔でこくんとうなずき、入れ替えたノートを持って自席に戻っていった。

その時は、無意識だったけれど、自分の中でその子の「不安」を解消してあげたいという気持ちが強かったと、今振り返って思う。

その判断や行動について特にどうこうはないのだけれど、それ以前に見落としてることがあるんじゃないか…と今も思っている。

2年生の男の子が自分の名前を漢字で書くという「チャレンジ」。

その子の名字はどちらもまだ習っていない漢字。

他の子が何人も「先生、名前習ってないけど、漢字で書いてもいい!?」とうれしそうに聞いてきていた。

そういう中で、彼もきっと刺激を受けて、「自分も!」と思ってチャレンジしたんだと思う。

そこに対する「承認」が欠けていたのではないか。

そんなことが頭から離れない。

「間違ったんかあ。そうかそうか。でも、自分の名前の漢字書こうと思って、チャレンジしてんなあ。ステキやなあ。ナイスチャレンジやわ。先生うれしいなあ、こうやって『やってみよう』って思って試してみるの。」

その一言があってから、「解決」でも良かったんじゃないかなあ。

子どもたちはこれからも、日々のちょっとした不安や不満を吐き出してくるだろう。

でも、いつもその「解決」にばかり目が向いてしまうことで、零れ落ちてしまうものがあるんじゃないか。

そういうところをていねいに掬い取っていける自分でありたい。

ただの観察です。 250

今週から分散登校が始まった。

二日間かけて、地区別でクラスの半分ずつ子どもたちが登校してくる。

会うのは2回目の子どもたち。

はじめこそ、緊張していたけれど、一緒に遊んだり、話したりするうちに、緊張もほぐれて、やわらかい笑顔を見せてくれるようになった。

そんな登校日のある男の子とのやり取りがもう最高におかしくって、今でも思い出して笑ってしまう。

それは、登校日の2時間があと10分ぐらいで終わる、というときに起きた出来事だった。

 

男の子「先生!俺の嫌いな食べ物何やと思う?当ててみて!」

 

ぼく「んー、そうやなあ。じゃあさ、3択クイズにしてよ。」

 

男の子「わかった!んー、じゃあ、いくでー!」

 

ぼく「はいはい、どうぞ!」

 

男の子「俺の嫌いな食べ物は何でしょう?」

 

ぼく「うんうん。」

 

男の子「一番トマト!二番…えーっと、何にしよかな…あ!わかった!二番コンソメスープ!三番はー…えーっとちょっと待ってな。んーっと…あ!麻婆豆腐!さあ、何番でしょうか!?」

 

ぼく「一番トマト!」

 

 

 

男の子「えー!?なんでわかったん!?」

 

 

最高かよ。

かわいくってかわいくって。

何度思い出してもにやけてしまう。

明日からの登校日第2弾が楽しみすぎて仕方ない。

処女作。 249

先日、オンラインのショートショート講座なるものを見つけて参加した。

昨年度の三学期に、作家の時間に取り組んでいたこともあり、「教師がたくさん書かなければいけない」を積み重ねようと思ったのがきっかけだ。

Peatixで偶然見つけて、何だか面白そうだったから気づけば申し込んでいた。

当日、少し緊張して参加したが、始まってみると、講師の方の説明がとてもわかりやすい上に面白くて、ワクワクしながら書いている内にあっという間に2時間が過ぎてしまった。

2時間前には全くのゼロ状態だったぼくの頭の中に、ショートショートが完成していた。

子どもたちとやってみても面白いんじゃないかと思った。

以下が、全く事前に考えることなしに2時間の中で一から完成させたショートショート

仕上がりはともかくとして、やればできるもんだ。

 

「消したい過去」

 あれは、ぼくが小学校4年生の頃だったと思う。家の近所の小さな文房具屋でおもしろい消しゴムを見つけた。消しゴムに内蔵されたAIが間違いを自動で判断して、同じく内蔵のスピーカーで教えてくれるというものだ。価格は500円と、普通の消しゴムにしては少し高い

と思ったが、勉強が苦手だったこともあり、貯めていた小遣いで買うことを即決した。

 家に帰ってから、使ってみると、本当に間違えたところを教えてくれる。教えてくれる音声が予想以上に大きくてビックリしたが、消しゴム側面にあるボタンでなんとか調整できた。その日から、翌週のテストに向けて、ぼくは机に向かって勉強に励んだ。間違えたところがあると消しゴムが教えてくれるので、嘘のようにスルスルと勉強が進んだ。なぜか大阪弁なのも慣れてくると愛着がわいてくるものだ。そんなぼくの姿を見て、母はとても喜んだ。

 テスト当日。スラスラと問題が解ける。終了まで10分以上を残して問題を全て解き終えた。そんなことは初めてだった。

 残り5分を切ったころ、最後に見直しをしようと、テストを手に取ると、裏側が透けて見えた。

 まさか…。慌ててテストを裏返すと、裏面にもびっしりと問題があった。

 それまでの余裕は一気になくなり、慌てて裏面の問題にとりかかった。けれど、焦りのせいで思うように問題が解けない。

 ああ、間違えた!くそっ!急いで消して書き直す。

…と、その時。「ちゃうちゃう!それ消さんでもそのままでおうてんねん!」

静かな教室に大音量の大阪弁が響き渡る。

 ぼくの消したい過去の1つだ。

VACA 248

 近所によく行くパン屋がある。少しお高めの値段設定だが、その分、あまり普段見かけないようなおもしろいパンやおいしいパンがたくさんあって、パン好きのぼくにとってはたまらない。

 先日も妻と二人でそのパン屋へと出かけた。コロナで外出もままならない中で出かけるパン屋はいつもと違ってどこか特別感があって、少し遠出をするようなワクワク感があった。パン屋へ入ると、いつものように様々なパンがならんでいた。ゆっくりと、まるで美術館で絵画鑑賞をするかのように店内を回る。

 ふと目をやった先に、チーズパンがあった。商品名の書かれた札には「ラクレットパン」と書かれてあった。「ラクレット」といえば、スイスの、とかしたチーズをかけて食べる料理のことではなかったか、と思い出す。確かに、パンの上にはたっぷりのチーズがかかっていて、その見た目だけで、お腹が鳴りそうだ。ラクレットパンは全部で4種類あって、チェダーやゴルゴンゾーラ、モツァレラなどどれもおいしそうだ。その中の一つをトングで挟み、トレイに置く。そのほかにもいくつかパンを選び、会計を済ませて家に帰った。

 時刻は、午後6時。今からパンを食べると、晩御飯に影響が出る。「明日の朝以降に食べよう。」と決め、キッチンカウンターの上に置いておいた。

 翌朝、目を覚ましてリビングに降りてきたぼくは、パンの袋の中から、クロワッサンメロンパンを取り出した。何だか、無性に甘いパンが食べたかった。クロワッサンメロンパンを食べると、お腹いっぱいになったので、朝ご飯はあっという間に終了。身支度をして、仕事に行き、定時で上がって帰宅して、晩御飯を食べ、風呂に入って、寝た。

 翌朝、目を覚ましてリビングに降りてきたぼくは、パンの嚢の中から、ラクレットパンを取り出した。今日は、しょっぱい系のパンが食べたかった。上にかかっているチーズがすっかり固まってしまっていたので、電子レンジで少し温めることにした。ラクレットパンを持ち上げ、電子レンジに入れようとした。

 その時、何か視界に違和感を感じ、ぼくは手を止めた。何かが引っかかる。ぼくは、電子レンジに入れようとしたラクレットパンをじっくり見た。ほどなく、ぼくは違和感の正体に突き当たった。           

f:id:yamanyo:20200505125156j:image
え、うそやん。これ…手前の方、カビてる…?

だって明らかに色が、こう、なんていうか、青っぽいような、灰色っぽいような感じになってるから。え、もともとこんな感じやったっけ。いや、わからへん。

 2日前の自分の記憶をたどった。あのとき、確か…ラクレットパンには、4種類ぐらいあって…ぼくが買ったのは…あれ?何のチーズのパンやっけ?チェダーチーズ?いや、ゴルゴンゾーラ?それともモツァレラ?

 でも、どうしても思い出せない。あんなにたくさんの種類があったのに、それをひっくるめて「チーズ」としか認識していなかったのか、と自分の浅はかさを呪いたくなった。

 今、ぼくの目の前には、二つの選択肢がある。

 一つ目は、これがチェダーチーズのラクレットパンであるという前提に立って考えるというもの。とするならば、これはカビてる可能性が一気に高まるので、食べない方が身のためだ。

 二つ目は、これがゴルゴンゾーララクレットパンであるという前提に立って考えるというもの。こちらだと、もともとカビてて、こういう見た目になってる可能性が高いので、食べても大丈夫だろう。

 どっちだ…身の安全か、満腹感か。


 たっぷり3分ほど迷った挙句、ぼくは、ラクレットパンを、そっとゴミ袋に入れた。今でも、この時の自分の判断が正しかったのかわからない。ひょっとすると、あのまま思い切って食べていても何も起きなかったかもしれないし、逆に食べたことで食中毒を引き起こし、大変な思いをしていたのかもしれない。

 変化の激しいチーズの見た目、買ったパンのチーズの種類に対する記憶の曖昧さ、それが引き起こす判断の不確実性…。

 VUCA時代をチーズパンに見た一日だった。

4冊目「『できるクラス』の育て方」 247

今年度4冊目の読了はこちら。

 

 

著者は、現役小学校教員の山田さんとプロビジネスコーチの吉田さん。

コーチングを活かしたクラスのつくり方についての一冊。

自分自身の学級経営を見直したときに、今まで以上にもっとコーチングのスキルを活かしてこれからのクラスづくりをしていきたいと思い、コーチングについての理解を深めるという意味でもぴったりな一冊だと思って読むことにした。

 

 教員は、とにかく「教える」ことが好きで、それは自分にも当てはまる。

でもぼくたちは教えてしまうことで奪ってしまっているものにもっと目を向けるべきだと思う。

 

 そこで、「教える」を手放して、「質問」をうまくつないでいくことで、子どもたちから持っているものを引き出し、子どもたち自身が自分の思考を整理できるように促していくのがコーチングの基本スタイルとなる。

「答えは相手が持っている」と考えるのがコーチングの大原則だからだ。

それは、「子どもは未熟で、だからこそぼくたち大人が教えてあげなければいけない」と考える従来の教育観から、「子どもたちは本来有能である。ただ、その引き出し方を知らないだけ。

だから、うまく自分自身で引き出せるようにサポートしていく」という教育観への転換を意味する。

コーチングをただスキルとして使えばそれでOKなのではなく、コーチングを活かそうとする自分の教育観自体もしっかりとアップデートしなければその効果は半減するだろうなあと思った。

 

 よく子どもたちに聞くときに、「なぜ?」と理由を聞いてしまう癖があるが、場面によっては、「なぜ」は圧迫感を生んでしまうそうだ。

だから、「なぜできないの?」ではなく、「何があったの?」と少し変えるだけで、受け取る印象が違って、子どもたちは安心して話してくれるようになる。

 

 また、本書の序盤では、「承認」の重要性が何度も書かれている。

自分自身も最近特に、この「承認」の重要性を感じることが多い。

転勤してきて、新たに先生たちと信頼関係を築いていく中でも承認を積極的にしていくことで、コミュニケーションがうまく取れるなと実感している。

子どもたちも同じで、承認が積み重なるほど、安心安全な教室が広がっていき、だからこそチャレンジにも踏み出せるようになるんだと思う。

また、承認すると、脳科学的には、脳内でドーパミンが出る。

ドーパミンは人のモチベーションに関わる物質である。

このことからも承認が非常に重要であることが分かる。

承認する際には、YOUメッセージ(あなたはすごいね!)とIメッセージ(〇〇してくれて、私はうれしい!)があるという。

自分は普段YOUメッセージが強いなあとふり返って思った。

これって、やりすぎると、先生からの評価がないと頑張れない子(先生からの評価依存)になってしまう可能性もあるなあと思った。

だから、Iメッセージも積極的に意識して使っていくことで、子どもたちが素直に自己肯定感を上げていけるように、バランスを心がけたいと思った。

そして、承認は、教師から子どもへのベクトルだけのものではない。

積極的に子どもたち同士が承認できるような場面を積極的に仕掛けていく必要がある。

 

 クラスでの話し合いで最終的に多数決を取る場面がよくある。

でも、その時、なかなかうまく決まらなかったり、納得感が低かったりすることがあり、そこは問題だと感じてきた。

(もちろん、多数決でない決め方もまず選択肢として取り組んだ上で)

本書に書かれていた「手を挙げる回数を増やす」のは、シンプルでとても効果的な方法だなあと思った。

例えば、6つの中から2つ決めるとき、決める数の倍の4回手を挙げてもらう、3つの中から1つ決めるとき、決める数の倍の2回手を挙げてもらうといったやり方だ。

少しの工夫で、子どもたち一人一人が「自分で選んだ」という実感を持たせることができる可能性が高まるのでとてもいいと思った。

 

 また、子どもたちにうまくいかないことや悩み事がある際に、活用できるスキルとして「スケーリング(計測)」もとても有効だと思った。

そのままでは見えない現状を一旦自分の感覚でいいからスケーリングして数値化することで、理想とのギャップがどれくらいなのかを何となくイメージし、手立てにつなげることができるからだ。

このスケーリングを活かすことで、様々な場面で、子どもたちが自分の現在地を把握し、そこから次の一手を自分で見つける手助けができると思った。

スケーリングの汎用性はかなり高いと思う。

どんどん使っていきたい。

 

 最後に、子どもたちが全て決める給食当番システムもやってみたい実践の一つだ。

テーマだけ決めて(例えば、「素早く」「正確に」「盛り切る」とか)あとは、そのテーマを達成するためにどう動けばいいかを子どもたちで考えながら修正しながらどんどんチャレンジするという方法だ。

はじめは時間がかかるかもしれないが、それでもチャレンジすることで、失敗を恐れず、みんなで共同修正して、自分達でクラスを作っていくオーナーシップが芽生えてくるのではないかと思う。

この給食当番の例だけではないが、日常的に、子どもたちが考え、自己選択・自己決定をし、それを対話しながら振り返る機会というのをいかに位置づけることができるかはとても大事だと思う。

コーチングの考え方をベースに、子どもたちの主体性を育む学級経営を進めていきたい。

3冊目「『人間とは何か』はすべて脳が教えてくれる」 246

今年度3冊目の読了はこちら。

 

 

著者は、アーケシュフース大学病院の神経専門医で、オスロ大学で教鞭もとっている。

最近、脳科学や学習科学、認知心理学に興味がある。子どもたちの学びをもっと科学的なアプローチからも充実したものにしたいのと、学びが生起するメカニズムについてもっと理解し、それを取り入れて授業を組み立てられるようになりたいからだ。

そう思って手に取った本書だが、その内容は、人間生活全般について言及されていて、もっと「学習」という「側面にフォーカスしたものを期待していた自分としては、少しピントがずれてしまった感は否めない。

が、その中でも、教育に還元できると思った部分について以下にまとめていこうと思う。

 

 まず、「権威への服従」という部分に共感した。

アメリカの心理学者スタンレー・ミルグラムの研究からの引用だ。

「通常の知能を持つ65%の人々が、権威者から指示されれば、仲間に危害を加えることがある」という部分。

学校での子どもたちの集団心理にも似ている。

一人ずつだといい子だが、集団になると難しくなるというのは、よく聞く話だ。

人が集団で何かをするときには、個人の良心が働きにくくなる。

でも、これって、逆にプラスで使えないのだろうか。

そこに関しては疑問が残る。

 

4月が始まって、部会での話し合いで、今年の授業を誰がするかという話になった時、急にみんなの歯切れが悪くなった。

きっとそれぞれの先生方の中で、「自分はやってもいい」という思いがあったのだろうけれど、それが集団の場でなかなか言い出しにくい、お互いにけん制するような雰囲気が邪魔をして、膠着状態になってしまったのだろう。

まさに、ミルグラムの研究が示したことと一致する。

場にいるメンバーが、自分の発言に自己検閲をかけすぎると、その場は健全とは言い難い。

そのような場で発言することは、脳の前頭葉でさえ間違っていると判断できない側面があるらしい。

だから迷ったら思い切って自分の意見を言う方がいい。

自分自身、職員の中でもそういう自分を忘れないようにしたいし、子どもたちがそういう状況にあるときには、暖かく見守って、発言できるようにそっと背中を押せるようなサポートを意識したい。

 

 次に、よく「将来の自分のためになるから勉強しましょう」とか「新しいことをどんどん学んで賢くなりましょう」という言葉に関して。

脳科学的に見れば、これは「正解」。

「新しいことを学ぶ」というのは、脳の中の神経細胞ネットワークが新たにつながったり、太くなったり、強化されたりすることを意味する。

これは、今まで何となく教員が自分の経験則からだけでやっていた声掛けに脳科学的なエビデンスという援護射撃を得たことになる。

子どもたちに学ぶことのメリットを伝えるときにも生かせそうだ。

そして、「新しいことを学ぶ」というのは「できるようになる」とは違う。

「学ぶ」ことそのものが、つまり、「チャレンジすること」が神経細胞ネットワークを増やし、強くしていくという事に他ならない。

これは、失敗を恐れてなかなか一歩を踏み出せない子どもたちにもすごく重要な事実ではないかと思う。

そして、やればやるほど、ネットワークは強く、速くなり、ハードルを感じることなく、前より楽にできるようになっていく。

成功するかどうかは重要なことではない。

チャレンジをくり返していくことが重要だ。

今回得たこの知見も生かして、子どもたちに前向きな声掛けやフィードバックをしていきたい

2冊目「どの子も輝く教室のつくり方」 245

今年度2冊目の読了本はこちら。

 

どの子も輝く教室のつくり方

どの子も輝く教室のつくり方

  • 作者:桑原 昌之
  • 発売日: 2020/03/12
  • メディア: 単行本
 

 

著者の桑原さんは、自身の「好き」と「経験」を掛け合わせて、スポーツマネジメント×イエナプランというかけ算で、現在、長野県で「学校法人茂来学園大日向小学校」で学校長を務めている。

公立小学校で勤める身として、自分だったら自分のリソースの何と何をかけ算するだろうと考えた。

そのためには、まず自分のリソースが何なのか、それを明確に把握しなければいけない。

 

現在、「メモの魔力」巻末付録の自己分析1000問に毎日20問ずつ答えて、それを記録しているが、それをヒントに自分のリソースが何なのか、改めて考えつくしたいと思った。

やはり「好き」をかけ算の中に入れ込むのは強いなと思う。

「やらされている」で生まれる力は「やりたい」の力にはどう頑張ったって勝てない。

 

子どもも同じだ。

いかに子どもたちの「やりたい」「好き」を原動力にして学習をデザインしていけるのか。そのために、自分の強みを最大限に活かせたらいい。

自己と向き合い続け、問い続けていかなければ、そういう教育はきっと実現できない。

 

問い続けていくときに、有効だと思ったのが、「事実→理想→行動」のサイクルを常に意識するということ。

いつも事実から理想とのギャップを把握し、そのギャップを埋めるための行動を起していくというもの。

これは、コーチングプロセスと同じ構造だ。

「事実」を見極めるためには、「観察する力」が必要。

理想とのギャップを把握するためには、「ビジョン」が必要。

そして、行動を起していくには「成長的マインドセット」が必要。

これまでに自分で学んできたことがつながっていく感覚があった。

自分自身のサイクルでも意識したいが、子どもたちとの日々のやりとりの中で実践を積んでいきたい。

 

「気軽にシェアする文化をありとあらゆる場面で設定しよう」というメッセージにははっとした。

自分に欠けている視点だと思ったからだ。

「文化」になるまでのシェアを意識することは、子どもたちの自己有用感やゆるやかな協同性につながり、それは安心・安全なクラスという居場所を作ることになる。

 

話し合いのサイクルに関しても、学びがあった。

これまで「個→グループ→全体」の流れで授業を組むことが多かった。

けれど、そもそも何のための「グループ」なのか?

何のための「全体」なのか?

そこを考えた時、最終的には、全て「個」に集約されていく必要があると感じた。

教育は、一人一人の成長のためにある。

だから、そこをないがしろにしてはいけない。

それは授業でも学級経営でも言えること。

そこを忘れてただ何となく入れる「グループワーク」や「全体共有」をなくして意識的になれるか。

自分は「全体→個」の流れの意識が薄いと思ったから気を付けていきたい。

 

また、自己開示に関して、子どもの前ではかなりできる方だと自覚してるが、職員室ではどうかと言われると、まだまだだなあと思った。

色々頭の中で考えてるアイデアがあってもそれを100%出すのをためらう自分がいる。

自分の持ってるものを出して「何一人で熱くなってるんやろう。」って思われやしないか、「ひけらかしてる」みたいに受け取られないか、そんなところを恐れているのかもしれない。

でも、それじゃあ、自分のことを信頼なんて本当の意味でしてはもらえない。

その葛藤を勇気を出して乗り越えていけるのか。

自分の課題の一つだ。